矯正歯科|東京都 インプラント 歯科矯正 審美歯科矯正 歯列矯正歯科 矯正Q&A



矯正歯科・歯科矯正・歯列矯正Q&A

Q 上顎前突とは
A 一般的には出っ歯といい、上の前歯や歯列全体が前に突き出ている状態をいいます

Q 下顎前突とは
A 下の前歯が上の前歯より前に出ています
 程度がひどい場合あごの骨を移動させる外科矯正手術が必要な症例もあり、手術前後に矯正治療併用の場合もあります

Q 開咬とは
A あごを閉じてかみ合わせても上下の歯に隙間ができています

Q 切端咬合とは
A 上下の前歯が先端でかみ合う状態になっています

Q 過蓋咬合とは
A かみ合わせが深く、下の歯列が上の歯列に覆われて見えなくなっています

Q 空隙歯列弓とは
A あごが大きかったり、歯の幅が小さい場合に起こり、すきっ歯ともいいます

Q 叢生とは
A あごが小さかったり、あごに対して歯の幅が大きい場合に起こり、乱ぐい歯、八重歯ともいいます

Q 矯正治療は必要でしょうか
A 豊かな顔の表情を大切にする欧米では、健康的で整った美しい歯並びは常識です
 歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同様に歯の正常な咀嚼機能を取り戻します
 健康な身体と心をつくるには必要な歯科治療です
 治療完了時、健全な咀嚼器官と共に健康美あふれる笑顔も手に入れることができます

Q 矯正装置の種類を教えて下さい
A さまざまな方法があります
 メタルブラケットによる矯正装置
 セラミックブラケットによる矯正装置
 スピード矯正 クイック矯正 セラミック矯正
 舌側矯正 裏側矯正 リンガル矯正
 目立たない矯正 見えない矯正 シークレット矯正 
 床矯正装置 等 当院ではすべての治療法が選択できます

Q 診断料とは
A 矯正歯科をはじめるのに、さまざまな角度からどのような治療、矯正装置が可能か判断する必要があります
  当院では通常、高額な診断料もリーズナブルな価格,10800円にて行っておりますので
  他院に相談済みの方でも、再度相談が可能です

Q 矯正は痛いと聞いたのですが
A それは、多分必要以上に装置に大きな力を加えたため、歯が移動する際、疼痛が生じたためと思われます
 矯正治療前に十分なカウンセリングをし、技術や経験豊富な矯正医を選択できれば
  クランケの意をくんだ優しい矯正治療が可能です

Q 歯を抜かないとだめでしょうか
A だれでも健康な歯を抜くことには抵抗がありますし、もちろん歯を抜かないで矯正が可能な症例もあります
 ただ多くの場合あごの大きさと歯の幅の合計で歯並びが決定するため抜いて治す方法が基本となります
 抜かないで治した場合、さまざまな制約により仕上がりが綺麗に出来ない場合がありますので
 事前に術後仕上がりをよく確認する必要があります

Q 期間について
A 技術が未熟だったり、経験が豊富でない場合、事前の説明よりも大幅に治療期間が延長してしまい
 クランケのライフスタイルにも影響を及ぼす場合があります
 治療を開始するにあたり、治療見積書や治療確認書等により文書のやりとりをかわすと安心です
 当院では、すべての矯正装置治療クランケに治療確認書を作成し、控えをかならずお渡ししています

Q 矯正治療中の転院は可能ですか
A 当院は先方の先生の紹介の場合を除き、転院を受け入れておりません
 それは、装置の種類の多様化により、基本的に当院使用の矯正装置以外の場合、対応が出来ません
 ですから、医院選択には十分な時間をかけ、真摯な矯正医院をお選び下さい 

  





矯正歯科・歯列矯正・歯のインプラント|番町美容歯科
東京都千代田区一番町9-14-3F TEL 03-3262-4618

www.kyousei-shika.cc Copyright (c) All Rights reserved

[戻る]